Home » 野球肩の詳しい話 » 野球肩のトレーニング

野球肩のトレーニング野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肩の詳しい話 タグ:

野球肩のトレーニング

野球肩を克服するトレーニングには様々なものがあります。近年のプロ野球界ではインナーマッスル強化はもちろん、股関節の機能の高めるトレーニングや体幹強化のトレーニングが重要視されています。特に春季キャンプではそれらを鍛えるトレーニングがどの球団でも見られほどです。 スポーツのためのトレーニングは日々研究され新しい理論や方法などが生まれていきます。当院で作成している症状別リハビリメニューをお読みになって、ぜひ皆さんも正しい知識でトレーニングを行ってください。

リハビリとしてのトレーニング

野球肩を克服するには適切なトレーニングが欠かせません。一般の人がケガした場合は日常生活に支障をきたさなければ問題ありませんが、スポーツをしている人はできるだけ早期に”治したい”、”復帰したい”というのが願いです。『もう大丈夫だ』と思って投げてみたら、周囲の筋力が十分に回復していなくまた痛めてしまうケースもあります。だからこそ、リハビリとしての適切なトレーニングが重要なのです。

ポイント①トレーニング量と強度をどう調節するか

リハビリとしてのトレーニングを積極的に行いましょう。もちろん痛めてすぐの段階では安静が必要ですが、その後回復具合を見ながら徐々にトレーニング量を増やしていき強化しましょう。トレーニングの量と強度をどの程度上げていくかがポイントです。回復していけばそれに合わせて徐々にトレーニングの量と強度を上げていかなければなりませんが、トレーニングの量と強度が軽過ぎては意味がなく、逆に強すぎては悪化させてしまいます。一番良くないのがトレーニング強度が強すぎて痛みを再発させてしまうことなので、トレーニング中に痛みを感じる場合はそのトレーニングはより強度の軽いトレーニングを行います。

ポイント②いかにバランスよくインナーを鍛えるか

リハビリメニューのページにも記載していますが、インナーマッスルのアンバランスを矯正するこがとても大事で、これを行うとかなり割合で痛みが改善されます。ポイントはいかにバランスよく鍛えることができるかです。バランスとはインナーマッスルとアウターマッスルのバランスと、インナーマッスルを構成する4つの筋肉のバランスです。最近ではインナーマッスルをチューブなどで鍛える選手が増えてきて、インナーマッスルを鍛えるトレーニングが広く浸透してきました。しかしやみくもにインナーを鍛えれば良いのではなく、この2つのバランスを重視したトレーニングが重要です。
インナーを鍛えるという人は、アウターマッスルに対してインナーマッスルが弱いから鍛えようと考えますが、インナーマッスル自体のバランスを整えることも考えてどこを鍛えるトレーニングを選択することが大事です。インナーマッスルを構成する4つの筋肉のバランスを、それぞれ筋肉の外旋・内旋の動作に分けます。その外旋・内旋の筋力バランスをフィードバックさせてトレーニングの種類と強度を選択します。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.