Home » 野球肩の詳しい話 » 自分でできる治療をしてみよう!!

自分でできる治療をしてみよう!!野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肩の詳しい話 タグ: ,

自分でできる治療をしてみよう!!

野球肩にはなかなか、病院の治療だけでは改善しないことがあります。それは原因が肩関節の柔軟性に問題があったり、インナーマッスルのアンバランスさに問題があったり、投球フォームに問題があったりと、普通の病院ではなかなかチェック・改善できない項目があるからです。ですからできるだけスポーツ障害専門に病院にかかることが最善ですが、それができない方(お子さん)は自分自身でできる事を積極的に行いましょう。
詳しい方法は【症状状別】リハビリメニュー、または【個別】リハビリメニュー作成をご利用ください。

『筋肉の疲労、硬結』→ストレッチ・入浴・自己マッサージを行う

プロのマッサージを受けるのが一番ですが、難しい方は自分自身で筋肉をほぐしてよい状態にしましょう。特に投球時に負担のかかる肩周りの筋肉の疲労を取り除きましょう。まず入浴によりじっくりと温めて(痛みが強い時や炎症が強い場合は温めないでください)、ストレッチにより筋肉を伸ばして、自己マッサージ(詳しい自己マッサージ方法はリハビリメニューへ)を行いましょう。

インナーマッスルの弱体化→バランスを重視しながら強化する

肩の動きに重要なインナーマッスルは、弱体化したりバランスが悪いと腱板炎やインピンジメントなどを引き起こします。強化にはセラバンドや軽いダンベルを使って行いますが、自分の状態に合わせてトレーニングを選択します。正しいフォームで適切なセット数で行いましょう。こちらもできれば専門のトレーナーに指導してもらうのが良いですが、そうできない場合は自分自身で行いましょう。

体幹の不安定・股関節柔軟性低下→体幹を安定させるトレーニングを!!

ボールを投げる際には股関節の柔軟性と体幹の安定性と柔軟性が影響します。これが低下しているため肩の負担が増大して痛みが発生するケースがあります。体幹を鍛え投球時の安定性を高め、股関節の柔軟性を高めるストレッチとトレーニングを行います。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.