Home » 野球肩の詳しい話 » 野球肩を予防する

野球肩を予防する野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肩の詳しい話 タグ:

野球肩を予防する

大会が近づきオーバーワークで無理に投げてしまったり、草野球で人数不足によって無理を重ねて投げてしまったりと、痛めてしまうきっかけは様々ですが野球をやっている方で肩の痛みを経験された人はとても多いと思います。肩を痛めてしまうと全力でのプレーができずとても悔しい思いをしますよね。試合に負けるよりも試合に出れないことの方が悔しいと思います。ですから、野球肩にならいために自分自身の体に気を使って入念なをウォーミングアップとクールダウン、そして日頃の肩のケア,強化トレーニングをすることが何より大事です。

肩痛予防はリハビリメニューに準ずる

野球肩予防は、肩痛が起こりやすい原因を想定して行いますので、基本的な方針は野球肩のリハビリメニューと同じであります。しかし、肩だけでなくトータルに体を鍛えてけがをしにくバランスのよい体づくりをしていく事、休むほどではないが痛みがある時の対処法、アイシングやウォーミングアップなどの処置方法など意外と間違えて行ってしまっているところもポイントです。
野球肩予防のポイント ○肩の可動域(肩周囲の筋肉柔軟性) ○インナーマッスル ○フォームの問題 ○練習量のコントロール ○肩のケア

ウォーミングアップは一度心拍数をあげる!

ウォーミングアップではただストレッチを行うだけではいけません。特に草野球の方はいきなり試合にでて、肩の準備ができていないのに投げてしまい痛めてしまうケースはたくさんあります。ここで重要なのはストレッチなど準備体操を行うのはもちろん、ランニングなどで一度心拍数をあげることが大切です。
心拍数をあげることで血液の供給量が増え、体温上昇し、体の組織が活発になります。ですから少年野球などのウォーミングアップで軽いランニングをしているだけで心拍数が平常時と変わらない程度の強度ではウォーミングアップにはなりません。これも障害を予防する重要なポイントですから、注意して行ってください。
ウォーミングアップ時の心拍数の目安はおおよそ100~110の範囲が良いと考えられます。これは110を超えなければ有酸素運動で疲労物質である乳酸がたまらないからです。110以上になってしまうと乳酸がたり、ウォーミングアップ時の時点で疲労がたまって逆効果だからです。

予防は自分の『体の点検』から『投球・送球フォームの点検』を!

予防は自分の体の点検から始まります。体の関節動きを左右差がないか、極端に筋力が低下しているところはないかなど、あらゆる体の動き・バランスをチェックします。
体の点検
○関節の動きに左右差がないか
○極端に筋力が低下しているところがないか
○体幹のひねり具合
○立った状態のバランス(肩の位置や骨盤傾斜具合など)
などさまざまな点検箇所があります。
詳しい内容は『ケガに強い体づくり』に記載しておりますので参考にしてみてください。

 

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.