Home » リハビリトレーニング » 投球フォーム守るべきポイント

投球フォーム守るべきポイント野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : リハビリトレーニング タグ:

投球フォームには個人差がありますが、これだけは守らないと痛めてしまうポイントがあります。

プロの中にもオーバースロー、スリークォーター、サイドスロー、アンダースローなど様々な投げ方をする選手がいますが、細かく見れば誰ひとり同じフォームで投げている選手はいません。

毎年バッティングフォームを変える野手がいるように投手もフォームだったり、新しい変化球を試したりします)それぞれフォームは違っていて当然で、これが正解ですというフォームは存在しません。
ただし、その中でも投球動作(ピッチングフォーム)に関して共通してこれだけは守らないと医学的に障害がおこりやすいという基本的な項目・ポイントがあります。

それはゼロポジション(肩甲骨と上腕骨の角度の約束)であったり、首の向きやグローブの抱え方、膝の屈曲角度(投球数が増えると膝の曲がりが浅くなり体が突っ張った状態になる)など様々あります。
この投球フォームを見直すことがパフォーマンスの向上につながりますし、何より障害の予防になります。

詳しい投球フォームのチェックポイントは症状別リハビリメニュー及び個別リハビリメニュー作成に記載しておりますので参考にしてください。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.