Home » 野球肘の詳しい話 » 野球肘の概略

野球肘の概略野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肘の詳しい話 タグ:

野球肘を克服する

『野球肘』とは、野球の投球動作及び送球時において肘に疼痛(痛み)がある状態のことを言います。一口に野球肘といっても、肘の内側が痛んだり、外側が痛んだり、後ろ側が痛んだりとと症状は様々です。

しっかりと初期の段階で対処できれば悪化せず快方に向かいますが、肘が痛いまま無理に投げ続けると軟骨にまで影響して肘の動きが低下します。そうなるとかなり長期間休まなくてはならなくなったり、手術が必要になったりしますので絶対に痛いまま無理をしてはいけません。

ですから痛みがある場合はまず病院に行って、診断を受けましょう。その上で自分でできる自己ケアやリハビリを行い肘周りを強化して再発を防ぎましょう。野球肘は野球肩に並んで多い障害であり、なおかつ肩と肘は密接に関係しあっています。現在は治療方法やリハビリ方法の研究が進んできていますので、ただ安静にして回復を待つのではなく再発を防ぐためにも積極的にリハビリを行うことをお勧めします。

ここでは症状から診断名、治療方法、原因、リハビリ方法やトレーニング方法など野球肘に関するあらゆる情報を掲載しております。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.