Home » 野球肘の詳しい話 » 野球肘の症状

野球肘の症状野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肘の詳しい話 タグ:

野球肘の症状

野球肘とは、投球(送球)時に肘が痛む状態のことを総称した障害です。野球肘の症状はほとんどが肘の痛みです。その他にも下記のような症状があらわれる場合があります。

【主な症状】肘の痛み

  • 【その他の野球肘の症状】
  • ○肘の腫れ
  • ○圧痛(押すと痛む)
  • ○手の力が入りにくい
  • ○手首の曲げ伸ばしで痛む
  • ○肘が完全に伸びきらない、曲げられない
  • ○肘を曲げ伸ばしをするとコキコキと音がする

 

肘のどこが痛むか?

野球肘に痛む部位により大きく分けて3種類あります。

  • 1、肘の内側が痛む
  • 2、肘の外側が痛む
  • 3、肘全体が痛む(肘の内外とも痛む、肘の後ろ側が痛む)

 

1、肘の内側が痛む→上腕骨内側上顆炎、リトルリーグ肘、肘内側側副靭帯損傷

野球肘の中で肘の内側が痛むケースが一番多いいです。ちょうど肘の内側の骨の付近に痛みが発生します。ここは上腕骨内側上顆(上の写真の赤い丸)という部分で、手首を曲げる筋肉が付着しているところです。繰り返しの投球(スローイング)動作により肘が外に反らされる力が働き負荷がかかります。筋肉が引っ張られ、その筋肉の腱部分で炎症がおきたり、靱帯の微小損傷を起こしたりします。特に体全体を使わずに、腕だけで力いっぱい投げている(観察するとリリース時、ボールが体から離れ過ぎている)小・中学生が多くいらっしゃいますが、これは肘を痛める大きな要因になりますので、注意が必要です。

2、肘の外側が痛む→離断性骨軟骨炎、関節ネズミ

肘の外側が痛む場合もあります。ちょうど肘の外側の骨の付近に痛みが発生します。ここは上腕骨外側上顆(上の写真の赤い丸)という部分で、手首を伸ばす筋肉が付着しているところです。投球動作の中では手首を伸ばす動作はほとんどありませんが、トップからリリースまで手首を返す動作の中に、伸筋が拮抗筋である屈筋と連動して働きます。また肘の外側では関節内で骨同士がぶつかり合って軟骨や骨に異常をきたします。初期症状はさほど目立ちませんが、骨が剥がれて進行すると激痛を引き起こします。完全に剥がれて、剥がれた遊離体が関節内の狭い隙間に入り込むとロッキングの状態になり曲げ伸ばし困難な症状がでてきます。

3、肘全体が痛む(肘の内外ともに痛む、肘の後ろ側が痛む)→上腕三頭筋腱炎、肘後方衝突症候群

肘全体が痛む場合もあります。これは痛めた初期の段階で全体に痛む場合や、痛みが慢性化し全体が痛むようになる場合もあります。また肘の後ろ側が痛む場合もあります。肘の一番でっぱている骨(肘頭)の少し上側部分の痛みです。ここは上腕三頭筋の腱が付着するところなので、この筋肉の状態が悪いとこの肘頭付近に痛みを発生させます。

 

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.