Home » 野球肘の詳しい話 » 野球肘の診断名① 上腕骨内側上顆炎

野球肘の診断名① 上腕骨内側上顆炎野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肘の詳しい話 タグ:

上腕骨内側上顆炎 (肘の内側の痛み、内側型野球肘)

野球肘の中で多いのが肘の内側の痛みです。その中でも内側の筋肉の付け根部分に炎症が起きている状態を上腕骨内側上顆炎といいます。この内側の筋肉とは、前腕の屈筋といわれる手首と指を曲げる筋肉と回内筋といわれる手首を内にまわす(ドアノブを内側にまわす動作)筋肉があります。これらの筋肉が肘につく部分を上腕骨内側上顆(写真の赤い丸部分)といい、投球動作により何度も引っ張られると炎症が起きて痛みを発生させます。野球以外にもゴルフやテニスなどのスポーツで内側の筋肉に過度な負担がかかると発生しやすいものです。
投球時(送球)に、内側の筋肉は収縮するよう働きますが、その収縮に対して腕の振りの遠心力(外反力)により内側の筋肉が引き伸ばされます。この筋肉が引き伸ばされながら収縮力を発揮することを伸張性収縮(エキセントリック)といい、非常に強い負荷が筋肉と腱にかかります。
特に肘を痛めている小・中学生で多くみられるのが、リリース時にボール(腕)が体から離れ過ぎている人です。体全体を使わずに腕だけで力んで投げると、リリース時にボール(腕)が体から離れ過ぎてしまい、肘が外に反る力が強くはたらくので肘を痛める大きな要因になります。放置して無理にプレーを続けると滑膜や軟骨にまでも悪影響を与えますので早めの対処が必要です。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.