Home » 野球肘の詳しい話 » 野球肘の診断名② 上腕骨外側上顆炎

野球肘の診断名② 上腕骨外側上顆炎野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肘の詳しい話 タグ: ,

上腕骨外側上顆炎 (肘の外側の痛み、外側型野球肘)

肘の外側には、前腕の伸筋と呼ばれる手首と指をそらす筋肉(主に長短橈側手根伸筋)と回外筋といわれる手首を外にまわす(ドアノブを外側にまわす動作)筋肉があります。これらの筋肉が続けて使われて機能が低下した状態のまま酷使すると、筋肉の付け根である上腕骨外側上顆(写真の赤い丸部分)に炎症が起きて痛みを発生させます。

通常野球で発生することは稀で、テニスのバックハンド時の痛みで多いことから、『テニス肘』とも呼ばれています。内側に痛みが発生する上腕骨内側上顆炎と比べて発生頻度は高くないですが、放置して無理にプレーを続けると滑膜や軟骨にまでも悪影響を与えますので早めの対処が必要です。また、上腕骨内側上顆炎などで内側の筋肉が過緊張になると外側にも影響し筋肉が緊張状態になり痛みを発生させますので、内側と外側の両方をバランスよくケア及びトレーニングすることが大事です。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.