Home » 野球肘の詳しい話 » 野球肘の診断名④ 上腕三頭筋腱炎

野球肘の診断名④ 上腕三頭筋腱炎野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肘の詳しい話 タグ:

上腕三頭筋腱炎

上腕三頭筋は腱となって肘関節の肘頭についています。そこが何度も引っ張られて微小損傷がおこり炎症が起きている状態が上腕三頭筋腱炎です。特にオーバースローなど腕を縦ぶりで投げる選手に多くみられます。痛む部位は腱が肘につく部分(肘頭)で、肘を曲げて一番でっぱている骨(肘頭)の少し上のくぼんでいる部分です。投球動作では上腕三頭筋はそれほど強く働くわけではないですが、何度も繰り返し収縮を行うので腱組織に微小損傷がおこり、肥厚して炎症が起きて上腕三頭筋腱炎を引き起こします。
上腕三頭筋は肘関節から肩関節へつながっていますが、上腕三頭筋の肘部分の腱の炎症を上腕三頭筋腱炎といい、肩関節に付着している部分での炎症・骨損傷をベネット病変といいます。同じ筋肉が関係しているので、上腕三頭筋腱炎の場合は肩のベネット病変に注意してリハビリ・トレーニングに取り組むことが大事です。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.