Home » 野球肘の詳しい話 » 野球肘の診断名⑤ 離断性骨軟骨炎

野球肘の診断名⑤ 離断性骨軟骨炎野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肘の詳しい話 タグ:

離断性骨軟骨炎

離断性骨軟骨炎とは骨や軟骨が投球の度に何度も擦れて、骨や軟骨が剥がれてしまう状態(離断)をいいます。特に野球の投球動作では肘の外側で骨と軟骨組織の圧迫・摩擦が起きるので、肘の外側に強い痛みがある場合は離断性骨軟骨炎が疑われます。
はじめはレントゲン検査にも所見がなくはっきりと分かりませんが、病態が進行すると軟骨に亀裂が走り、徐々に剥がれていきます。完全に剥がれると、その骨や軟骨が遊離して関節遊離体(いわゆる関節ネズミ)となります。こうなると曲げ伸ばしでひっかかりを感じたり、曲げ伸ばし自体が困難になる場合もあります。(※離断性骨軟骨炎は肘以外にも膝や足関節にも発生します。)
内側が痛む野球肘と比べて、外側に痛みがでる離断性骨軟骨炎の頻度は少ないですが軟骨や骨がはがれる状態にまで悪化すると長期間の治療とリハビリが必要になります(初期の段階では自然治癒します)ので、外側の痛みには注意が必要です。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.