Home » 野球肘の詳しい話 » 野球肘の診断名⑥ 関節ネズミ

野球肘の診断名⑥ 関節ネズミ野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肘の詳しい話 タグ:

関節ネズミ

離断性骨軟骨炎が進行して、骨や軟骨が剥がれて関節に遊離した状態を関節ネズミといいます。専門用語では『関節遊離体』といい、主な症状として関節のロッキングと呼ばれる曲げ伸ばしずらい状態になります。プロの選手でも肘を痛めて関節ネズミができてしまう選手がいて手術をする場合もありますし、そのまま投げ続ける選手もいます。関節ネズミが存在する位置関係によっては痛みなく投げれる場合もあり、すべてのケースで手術が必要なわけではありません。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.