Home » 野球肘の詳しい話 » 野球肘の診断名⑩ 肘後方衝突症候群

野球肘の診断名⑩ 肘後方衝突症候群野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肘の詳しい話 タグ:

肘後方衝突症候群

肘が最大限に伸びると肘関節の中で、上腕の骨と前腕の骨(尺骨の肘頭)が互いにぶつかり合い(衝突)肘の後方に痛みを発生させます。このように肘の後ろでぶつかり合う(衝突)ので肘後方衝突症候群といいます。
上腕三頭筋腱炎と同じく腕を真上から振り下ろすオーバースロータイプの選手に多くみられます。野球以外にもバレーのサーブやテニスのサーブなどのように腕をまっすぐあげて行う動作で起こります。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.