Home » 野球肘の詳しい話 » 野球肘の検査方法

野球肘の検査方法野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肘の詳しい話 タグ:

野球肘の検査方法

野球肘の検査方法には、問診・触診、徒手検査、画像診断があります。最初は痛めたきっかけや痛みの程度、肘のどこが痛むかなどの問診から始まり、触診によって痛む部位を確認したり、圧痛を探したりします。その後、肘・手首・肩関節をいろいろな方向に動かして痛みが再現されるかをテストします(徒手検査)。その後、レントゲンによる画像診断やエコー(超音波)検査を行います。病態がひどい場合にはレントゲンではわからない事が多いので、もっと詳しく検査できるMRI検査が必要になります。

 

野球肘の問診・触診|すべての検査はここからスタート

野球肘の場合は肘の痛む部位によって、ある程度どの疾患なのか鑑別することができます。ですから問診や触診で、内側が痛むのか、外側が痛むのか、後ろ側が痛むのか、肘の痛む部位をしっかり特定する、また圧痛部位や筋肉の張りの状態を触診することが大事になります。こういったしっかりと問診・触診を行っている病院を選んで受診しましょう。
肘の内側に疼痛・圧痛がある場合には上腕骨内側上顆炎、リトルリーグ肘、肘内側側副靭帯損傷が考えられます。また肘の外側に痛みや肘を最大限曲げて外側に強い圧痛がある場合には離断性骨軟骨炎が考えれ、肘の曲げ伸ばしがスムーズにできなかったり、ロックされたような状態では関節ネズミ(関節遊離体)が考えられます。
これらの問診や触診の場合は鑑別診断ですので、確定診断にはレントゲン・MRIなどのより詳しい検査が必要になります。

 

野球肘の徒手検査

野球肘の徒手検査に以下のようなものがあります。 ①可動範囲の検査 ②筋力検査(抵抗運動時の疼痛の有無) ③その他

①可動範囲の検査

①可動範囲の検査 肘関節の可動範囲を検査します。肘の屈曲・伸展(曲げ伸ばし)と回内・回外の2種類を、動きに引っかかるような事はないか、通常動く最大範囲まで動きがでるかなどを自動運動(患者さん自身が動かす方法)と他動運動(患者さんは力を抜いた状態で、術者が動かす方法)でチェックします。関節の軟骨や骨に異常がある場合には自動運動や他動運動で異常所見(ひっかかりがあったり、最大限伸ばしきれないなど)がみられます。
■肘関節の正常可動範囲 屈曲→150度|伸展→5度(マイナス方向へ) 回外→90度|回内→90度

②筋力検査(抵抗運動時の疼痛の有無)

②筋力検査(抵抗運動時の疼痛の有無) 上記①の可動範囲の検査に抵抗をかけて、痛みの有無を検査します。肘の屈曲・伸展(曲げ伸ばし)と回内・回外の運動に対して、それぞれ術者が抵抗をかけて前腕屈筋、前腕伸筋、上腕二頭筋・上腕筋、上腕三頭筋の筋力低下や機能低下がないか検査を行います。また、肘だけでなく手首の曲げ伸しにも抵抗をかけて痛みが誘発されない検査をします。

③その他

・外反テスト・・・肘内側側副靭帯損傷をテストするもので、肘を軽く曲げた状態で外反の力を加えます。このとき痛みが誘発されると肘内側側副靭帯損傷の可能性が考えられます。
・チネル徴候・・・肘部管症候群を検査するもので、肘の尺骨神経部を叩くと小指・薬指に放散痛が出現した場合には陽性です。必ず左右差の知覚過敏の程度を確認します。

野球肘の画像検査

野球肘を詳しく診断するのはレントゲン・エコー・MRIなどの検査が必要になります。まずどこの整形外科にいっても検査はレントゲンを行い、異常がないか診断します。そしてレントゲンではおもに骨の状態しか確認できないので、特に離断性骨軟骨炎など軟骨等に異常が考えられる病態ではMRI検査を行います。MRIはとても有用な検査なのですが、大きな病院にしかなく受けるのに時間的・経済的負担かかります。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.