Home » 野球肩体験談 » 野球肩 小学校6年生

野球肩 小学校6年生野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肩体験談 タグ:
野球肩 小学校6年生
野球歴 小学生~
重症度 Lv3
症状及び経過 野球をやっている小学校6年生(12歳)の息子の事であります。
長文になるので、御伺いしたい質問を先に書かさせて頂きます。 小学生で関節唇を損傷する事は無いのでしょうか? リトルリーグ肩で3ヶ月間も痛みの状況が全く変わらない事なんてあるのでしょうか?
11月上旬(約3か月前)、ピッチング練習をしている際、急に肩への激痛が走り、全く投球が出来ない状態に陥りました。 激痛が走ったのは、通常のキャッチボールを行い、肩が温まった後、30球~40球を投げたところであります。
数日、ノースローにし様子を見て、再び投球をさせたのですが、激痛ではないものの4割程度の投球で痛みが出る状態でした。 更に、数日~1週間、ノースローにして投球をしたのですが、同じような感じで痛みが出てしまう状態です。
1ヶ月以上が経ち、同じように投げさせたのですが、4割程度で30球くらい投げたところで、痛みが出る前段階の違和感を感じました。 投げようと思えば、6割程度なら投げられそうなのですが、おそらくキャッチボールを始めて20球くらいまでの時点になると予測されます。 たくさんの球を投げていると、4割だろうが6割だろうが、肩に違和感を感じてくるような気がするとの事でした。
12月中旬、横浜○○病院でレントゲンを撮ったところ、上腕骨の骨端線に離開があった為、リトルリーグ肩(上腕骨骨端線障害)と診断されました。 担当医は野球のチームドクターをやっている先生です。
しかし、リトルリーグ肩は、1球の投球で急に痛みが出ることは少なく、徐々に痛みがあるような場合と理解しています。 更に、上腕骨の骨端線に相当する部分に圧痛もなく、離開部分と痛みの部分が全く異なる状況です。 確かに、レントゲンには、骨端線に多少の離開があるのですが、離開があっても痛みを感じない事もあり、今回の投球後の激痛とは別モノだとも思うようになってきました。
上方関節唇損傷(SLAP損傷)の徒手テストである『オブライエンテスト』等、幾つかのモノを試したのですが、全て陽性でした。 これは、他の病院でも行い陽性の判定。 しかし、骨端線障害でも同じような事が起こるとの説明を受けました。
しかし、上方関節唇損傷の特徴である『ある1球から痛みが出て、その痛みが続いているような症例』に合致している事や、徒手テストの結果等、全てがそれに当てはまっているような気がしてなりません。 もし、リトルリーグ肩だとしても、3ヶ月間、状況が変化しないのは不自然だと考えました。
そこで、別の病院スポーツ整形外科の先生の診察を受ける事にしました。 その時の診断が、リトルリーグ肩ではなく、関節唇損傷という事になりました。 しかし、関節唇損傷は治るとの話を適当にされ、特に何のアドバイスもなく、適当にあしらわれました。 一度、剥がれた関節唇は、自然にくっつく事は無いとの理解をしております。
3ヶ月が経ち、全く状況が変わらず、徒手テストでは痛みを同じように感じます。 投球は、この3ヶ月間で、痛みを確かめる時のみの数日間しか行っていません。
肩の名医である『先生』にも適当にあしらわれ、しかも全然違う診断をされ、何も出来ないまま3ヶ月が経ってしまっております。 関節唇の場合、MRIを撮っても正確には判断が出来ないという事も分かってはいるのですが、何か少しでも状況が分かると有難いです。 MRIは診断に有効な場合があるのでしょうか? 今は、何も正確な事が分からないまま、時間だけが過ぎていく状態です。
私としては、リトルリーグ肩であってほしいと思うのですが、ゲガをした時の状況や、今の状態を考えると、やはり関節唇が損傷しているのでは、と考えております。 たまに聞く事なのですが、投球の際の激痛は肩を亜脱臼しての事だとも考えるようになってきました。 その亜脱臼時に、関節唇を損傷したのではないだろうか、とも思っています。
そこで質問なのですが、 小学生で関節唇を損傷する事は無いのでしょうか? リトルリーグ肩で3ヶ月間も痛みの状況が全く変わらない事なんてあるのでしょうか?
コメント なおご相談の回答は、メールの内容でわかる範囲でお答えさせていただきますのでご了承ください。


==================================
≫今は、何も正確な事が分からないまま、時間だけが過ぎていく状態です。
との事、大変つらいと思います。
≫しかし、リトルリーグ肩は、1球の投球で急に痛みが出ることは少なく、徐々に痛みがあるような場合と理解しています。
更に、上腕骨の骨端線に相当する部分に圧痛もなく、離開部分と痛みの部分が全く異なる状況です。
確かに、レントゲンには、骨端線に多少の離開があるのですが、離開があっても痛みを感じない事もあり、今回の投球後の激痛とは別モノだとも思うようになってきました。


内視鏡でみてみないと確定的な事は言えないと思いますが、お話しを聞く限りでは、肩関唇の損傷と思われます。
小学生で関節唇を損傷する事は無いのでしょうか?
小学生でも関節唇を損傷する事はあります。ただ頻度は少ないです。


≫しかし、関節唇損傷は治るとの話を適当にされ、特に何のアドバイスもなく、適当にあしらわれました。
一度、剥がれた関節唇は、自然にくっつく事は無いとの理解をしております。
との事ですが、関節唇損傷で成人の場合は自然治癒しませんが、子供の場合はある程度の自然治癒が 見込まれますので今は根気よく経過を見守っていくことが最善だと思います。


リトルリーグ肩で3ヶ月間も痛みの状況が全く変わらない事なんてあるのでしょうか?
リトルリーグ肩で3カ月以上痛みが続く事はあります。 ただ、ほとんどのケースでは肩を休めてあげれば徐々に痛みが減っていく傾向があります。肩を休めているのに、全く痛みが変わらない事はないと考えます。
ぜひ頑張って、野球肩を克服してください。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.