Home » 野球肩体験談 » 社会人 投手

社会人 投手野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肩体験談 
野球肩 社会人 投手
野球歴 小学生~
症状及び経過 はじめまして。
野球の投球時に肩に痛みがあり こちらでリハビリメニューの購入を検討しようと思ったのですが 症状に対し不明な点がございますのでご質問させていただきます。
私は小学生の頃から大学まで野球部に所属していました。 ポジションは主に投手です。
社会人になり、数年後からあるチームからの誘いをきっかけに草野球を楽しんでいましたが、ある時投球中に肩の後ろに痛みを感じそれ以降、普段の生活では痛みがなくなっても投球の際にはリリースの直前に痛みが走るようになってしまいました。 【この時点では、投げ始めからしばらくはマウンドから届くのがやっとというくらい痛みがあるのですが、ある投球をさかいに、急に痛みがなくなる時がありました。】
その後、インナーマッスルという言葉に出会い、チューブなどでトレーニングを行っているうちに、かなり改善が見られ調子付いて投げていたところ、今度は肩の前部分を傷めてしまいました。
現在は、肩の前側(棘下筋?)、後ろ側(肩甲下筋?)のインナーマッスルのトレーニングを行い、改善はみられ痛みはかなり軽減しているのですが以下のような症状があります。
①期間を開けるて投げると、投げ初めから痛みはそれ程ない。(後半、自軍の攻撃時間が長くなると、投球練習で軽い痛みを感じる時があります)
②期間を開けずに(投げた翌週くらい)投げると、最初から軽い痛みを感じる。(筋肉痛が残っているのが原因か自分では判断しきれませんが痛みの種類は筋肉痛と は違う気がします。)
③速い球を投げようとすると痛い場合と変化球で抜くと痛い場合と日によって違う。
以前、後ろだけを傷めている時は明らかに投げ始めに痛みを感じ 急に投球時の痛みがなくなりますが、試合終了後は肩を上げるのが辛いくらいでした。 前を傷めてからは、完全に痛みがなくなる事はありませんがトレーニングの成果か痛みは軽減しています。 ただ、痛む時期や痛む球がバラバラで、期間を開ければ投げ終わるまでそれほど痛くなかったりと購入するメニューを選ぶのに症状が定まりません。
私の場合、どのリハビリを購入するのが最適となりますでしょうか?
コメント まずリハビリメニューの分類として ①常に痛みがある

②投げ始めに痛みがる

③投げ終わりに痛み

④空投げでも痛み

⑤肩を動かせない

⑥インピンジメント症候群

⑦上腕二頭筋長頭筋炎
があります。
病院等で⑥・⑦の特定の診断名を受けている場合にはそちらの診断名どおりのリハビリを選んでください。(上腕二頭筋長頭腱炎、インピンジメント症候群)
そして、軟骨や回旋筋腱板等に損傷があるとMRI等精密検査で確認されている方は④・⑤を選択してください。
そして特に診断名がついていない方や軟骨や腱板に損傷がなく原因がはっきりしない方は①・②・③から選択します。 その3つの中から症状どおりに選択するのですが、迷った場合の選ぶ基準として、 ①『常に痛む』 投球時・送球時、投げるたびほとんど痛みがある。全てのリハビリメニューの中で一番スタンダードなものです。もし症状が複数あり特定できない場合にはこちらをお選びください。
②『投げ始めに痛む』 投げ始めに痛む症状・回数が著明である、投げていくと痛みがなくなって投げれる症状が著明である
③『投げ終わりに痛む』・・・ 投げ終わりに痛む症状・回数が著明である、最初は痛まない
そしてご相談者の場合
≪前を傷めてからは、完全に痛みがなくなる事はありませんがトレーニングの成果か痛みは軽減しています。 ただ、痛む時期や痛む球がバラバラで、期間を開ければ投げ終わるまでそれほど痛く なかったりと 購入する書籍を選ぶのに症状が定まりません。≫ のとおり痛むタイミングなどがバラバラですので、(軟骨や回旋筋腱板等に損傷があるとMRI等精密検査で確認されていない場合に限りますが) 一番スタンダードな[野球肩」「投げすぎ」と診断された方のためのリハビリメニュー。 【投球時常に痛みがある方用】]をお勧めします。
ぜひ頑張って、野球肩を克服してください。
以上回答とさせていただきます。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.