Home » 野球肩体験談 » 野球肩 36歳 野手

野球肩 36歳 野手野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肩体験談 
野球肩 30歳
野球歴 小学生~高校生、その後3年前より再開
重症度 Lv3
症状及び経過 3年前より草野球をはじめたが、半年前より練習後肩に痛みがでるようになった。
最初はそれほど痛みは強くなくなんとか投げられたが、徐々に痛みが強くなり軽いキャッチボールでも痛みがでるようになった。とくにリリース時に痛みが強い。
日によって痛みが強い時とそれほど痛みが強くない日がある。整形に行ってレントゲンを撮ったが異常はなかった。
自分なりに専門書を買って勉強し、インナーマッスルが大事だということがわかったのですが、チューブでトレーニングを行うと痛みがでて十分にトレーニングができません。かといってトレーニングをしないと一向に痛みは変わらないと思うのでどうしたらいいか、途方にくれています。
コメント 『自分なりに専門書を買って勉強し、インナーマッスルが大事だということがわかったのですが、チューブでトレーニングを行うと痛みがでて十分にトレーニングができません。かといってトレーニングをしないと一向に痛みは変わらないと思うのでどうしたらいいか、途方にくれています。』
とのことですが、とても勉強熱心で素晴らしいと思います。一般的な専門書に載っているトレーニング方法は健常者向けであり、痛めている方を対象にしているのではないからだと考えられます。
ですからトレーニング強度を落としてインナーを鍛える必要があります。リハビリの基本方針は回数や強度を変えて痛くない範囲で行ってみてください。急性期のときは安静が必要ですが、プレー頻度と半年も経過している点を考えると積極的にリハビリを行うことが良いと思います。できれば専門病院でリハビリ方法を直接、専門者から指導してもらってください。
患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.