Home » 野球肘体験談 » 野球肘小5 離断性骨軟骨炎、骨端線離開

野球肘小5 離断性骨軟骨炎、骨端線離開野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肘体験談 
野球肘小5 離断性骨軟骨炎、骨端線離開
野球歴 小学生~
重症度 Lv3
症状及び経過 小5の息子は6歳から野球(ピッチャー)をしていましたが、先月、肘の内側の痛みで病院で診てもらうと離断性骨軟骨炎、骨端線離開と診断され、手術が必要なくらい状態が悪いと言われましたが、内と外と両方なので、温存療法ということで、週2回リハビリに通っています。
投球、バッティング中止と言われ、家ではランニングとストレッチをさせていますが、この肘に対してバッティングも良くないのでしょうか?投球は当分、諦めていますが、バットはどのくらいで持てるようになるのでしょうか?痛みは強く押さえたり・・しなければ 日常生活ではありません。今まででも大きな痛みはないいまま、ここまでひどい状態が見つかったので、 痛みがないから・・と判断するのも不安です。
コメント まずお子さんの病態は何か考えましょう。 簡単に申しますと離断性骨軟骨炎、骨端線離開とは軟骨の骨折です。 成長期の骨はまだ出来上がっていなく柔らかい部分が(軟骨)があります。 成長するにつれて軟骨部分が硬い骨に変わります。 投球などの外力が過度にかかり過ぎると、この柔らかい部分が損傷してしまいます。 ご質問のバッティングに関してですが、担当医からバッティング中止を言われているのであれば守って下さい。ボールを打つ際の衝撃が痛めている部位に良くないと思われます。良くなってくれば、痛みのない範囲でバッティング可能になりますので、それまで我慢しましょう
患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.