Home » 野球肘体験談 » 野球肘 高校二年

野球肘 高校二年野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月20日 category : 野球肘体験談 
野球肘 高校二年
野球歴 7年
重症度 Lv3
症状及び経過 肘に負担がかかる投げ方をしたままそれを矯正せずそのまま球数が増えていったから症状・経過:小学校5年のころから痛み出してきて整形外科に行くものの肘の骨の炎症とだけ言われて2週間休みをとっても翌日また投げると痛みが出て結局その繰り返しで高1の春、病院を変えて靱帯を見てもらったところ内側靱帯断裂でした
そして右手首から腱をとり再建手術を行いました 経過から約9か月、ようやくウエイトにも取り掛かりました。 ですがまだ肘は完璧には曲がらず且つ伸ばすこともできません 伸ばすと痛みが出ます
担当医に見てもらうと疲労骨折でした。
復帰の時期が早すぎたとのことでした靱帯の痛みはとれたのですが肘のちょうど上側がものすごく痛みます。骨の痛みだそうです
高校野球をやる上においては1年間のブランクは非常に大きいものです
靱帯再建手術を行って間もなく一年になります 靱帯周辺の痛みはとれたのですが肘のちょうど上のほうがものすごく痛みます 加えてまだ肘が完璧に曲げ伸ばしできません
どのようなリハビリをすれば肘の上のほうの(たぶん骨)痛みがとれますか?
コメント 骨の痛みの原因が骨折であれば、少し時間をおいて自然治癒を待つしかありません。 リハビリに関しては、痛くない範囲で肘、肩の可動域を広げるストレッチ及び強化トレーニングを行う必要がありますし、 肘の可動域に関して可動域を広げる可動域訓練を行う必要があります。
一定期間、関節が固まってしまうと可動域が元にもどならなくなる事もあります。 (ただ、プロの選手の中でも肘の可動域が少ないまま投げ続けている選手もいます。 例えばファイターズの武田勝投手:左手で左肩を触れない。) とにかく決してあせらず、やれる事を正しく根気よく行ってください。
患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.