Home » 野球肘体験談 » 野球肘 小学5年生

野球肘 小学5年生野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月20日 category : 野球肘体験談 
野球肘 小学5年生
野球歴 小学生~
重症度 Lv3
症状及び経過 息子は小学校5年生で、ピッチャー(右投げ)をしています。 1ケ月前に上腕骨小頭に骨棘があることが分かりました。 痛みは全く生じていませんが、キャッチボールをしていません。バッティング練習(左打ち)もしていません。早期の自然治癒を願っています。 このような状況で、ストレッチ、トレーニングの実践リハビリメニュー、また、バッティング練習の可否についてお尋ねします。 また、日常生活において、肘保温用サポーターも有用かどうか、お尋ねします。 心配で仕方がなく、沢山お尋ねします。 どうぞ、宜しくお願いいたします。
コメント ご相談の回答は、メールの内容でわかる範囲でお答えさせていただきますのでご了承ください。
『このような状況で、ストレッチ、トレーニングの実践リハビリメニュー、また、バッティング練習の可否についてお尋ねします。 』
とのご質問に関して まず、骨棘は存在する位置によって痛みが全く無かったり、痛みがあったりします。全く痛みがない位置にある場合はあまり気にしないで、トレーニングを行いますが、息子さんは小学5年生とのことですので、慎重に痛みが出ないか確認してあげながらストレッチとトレーニングを行ってください。
リハビリメニューに書いてあるトレーニングは痛くない範囲で行って構わないですが、必ず痛みが出ないか確認しながら行ってください。
バッティング練習は素振りは痛みがなければ問題ないですが、ボールを打つのは(小学5年生を考慮して)肘に強い衝撃がくると思いますので、お休みした方が良いと思われます。骨棘の位置と状態を病院で確認し担当医師の確認がとれたら行いましょう。
『また、日常生活において、肘保温用サポーターも有用かどうか、お尋ねします。』有用だと思われます。とにかく肘を冷やさないようにしましょう。(痛めた際のアイシングは例外です)
患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.