Home » 野球肘体験談 » 野球肘(内側が痛む)小5年生 内野手

野球肘(内側が痛む)小5年生 内野手野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月20日 category : 野球肘体験談 
野球肘(内側が痛む)小5年生 内野手
野球歴 小学2年生~
重症度 Lv2
症状及び経過 2か月前に息子(小5)が肘の痛みを訴えたので、すぐに整形外科を受診。安静を指示されました。
練習や試合の後のストレッチなどのケアを怠っていた事や、悪いフォーム、小さな体に過度な練習が原因かとかんがえました。セカンドオピニオンとして、スポーツ整形がある病院で診てもらい、剥離骨折等の心配はないとの事だったのですが、まだ肘の痛みは続いたまま。
接骨院にいって電気治療をうけていますがなかなか良くなりません。できれば練習はやすまずの治したいのでどうすればいいか・・・。
コメント 2つの病院と接骨院にいかれたのに原因が分からずなかなか痛みが変わらないのはとても心配ですね。
内側の痛みで、骨に異常はないとのことですので、内側上顆炎と考えられます。内側の筋肉が骨につくところで炎症が起こっていると思います。
痛めてしまうと、筋力レベルがおちてしまうので、復帰にはある程度筋肉の柔軟性と筋力をつけることが大事です。これは小学生の場合も同じです。また、肘の内側に負担がかかるフォームなっている場合が多いので、その修正が大事なポイントです。
患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.