Home » 野球関連 » 中日浅尾投手・・肩の故障から復帰!

中日浅尾投手・・肩の故障から復帰!野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年09月20日 category : 野球関連 

昨年のMVPで剛速球ピッチャーの浅尾拓也投手が肩のケガ(腱板損傷)から見事復帰しました。
復帰登板ではスピード表示はそこそこでていましたが、あまり球が走っていない印象でした。

これまでの浅尾投手はすごいの一言です!
小柄な体格から、あんな速い球を投げれる投手は見たことがないです。しかもフィールディングもうまくけん制も得意です。
投げ方も特徴的で、投球モーションがとても速く、投げ急いでいるように見えます。なぜなら、もともと捕手だったようでキャッチングからスローまでを速く投げる習慣が抜けないようです。もうすこしゆったりと投げた方が下半身もつかえて肩の負担が減ると思われます。

右肩腱板(けんばん)の損傷で2軍調整していた昨季リーグMVP右腕中日浅尾拓也投手(27)が復帰登板を果たした。この日出場選手登録され、7回に3番手で登板。大きな拍手で迎えられ、最速151キロの直球を軸に1イニングを無失点に封じた。約4カ月ぶりの1軍マウンド。1死一、二塁の危機をつくったものの「ゼロで(ベンチに)帰ってこようと思っていたので良かった」と手応えを口にした。

[2012年9月18日 日刊スポーツ]

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.