Home » 投球動作分析 » 投球フォーム8段階分け

投球フォーム8段階分け野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年10月14日 category : 投球動作分析 タグ:

投球フォームを解説や分析する場合には、ほとんど場合は4つに区切ってフェーズ分けをします。
通常の投球フォームフェーズ分け
①ワインドアップ ②コッキング期 ③アクセレレーション期 ④フォロースルー

当院はより詳しく分析するために8つのポジションを分析ポイントとしています。

投球動作8段階分け表画像

0、スタートポジション

1、バランスポイント

2、フットコンタクト

3、トップポジション

4、パラレルポジション

5、MER(Max External Rotation:肩関節最大外旋位)

6、リリースポイント

7、ディセレレーションdeceleration

8、フォロースルー

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.