Home » 野球関連 » ロッテ・サブロー選手が肘手術

ロッテ・サブロー選手が肘手術野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年10月26日 category : 野球関連 タグ:

千葉ロッテのサブロー選手が、右ひじの手術を行った模様です。ロッテのサブローが23日に千葉県船橋市の病院で右肘の手術を受けたと、球団が24日に発表。全治3か月を要する見込みで、11月の秋季キャンプには参加しない。(2012年10月24日18時43分 読売新聞)23日に関節鏡視下遊離体摘出術を受けたとの事で、これは肘の遊離軟骨を除去する手術です。遊離軟骨とは肘のネズミと言われるもので(詳しくは肘の診断名)軟骨がはがれて関節内に浮遊している状態です。今年の9月に阪神の榎田投手も遊離軟骨の手術を受けており、プロ選手の中でもこの障害は非常に多いものだと思います。少年野球、中学生、高校生、大学社会人の方誰でもなる可能性がありますので、まずは肘の可動域がおかしいとおもったらすぐに病院に行きましょう。

※サブロー選手の個人ブログでは、以前ロッテから巨人に移籍が決まった日から更新されていない状態で、今後は更新しないとの内容でした・・・。残念

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.