Home » 野球肘の詳しい話 » 12歳野球肘

12歳野球肘野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年11月07日 category : 野球肘の詳しい話 タグ:

お問い合わせ内容

はじめまして、都内在住12才の男の子の父です。

軟式野球の捕手をして約3年の息子が離断性骨軟骨炎と診断されました。
既に軟骨は剥がれてネズミになっております。
肘の曲げ伸ばしに制限もあります。

が、本人は今まで痛みを感じた事が皆無で気づかぬまま今に至ってしまいました。
私が息子の腕が伸びない事に気づいて整形外科を受診したことがきっかけでした。

小学の野球も来月で終わります。
試合でいうと4試合くらいなので、医師はそれが終わってから治療に入りましょう、との事で現在は注意しながらも普通に野球をしています。

今後、中学で野球を続けるに当たって手術も含めた治療が始まる思い リハビリメニューを是非購入したいと考えておりますが
息子の場合、小学生編と中学生編、どちらを購入した方が宜しいでしょうか?

今回の怪我で息子は硬式チームに進む事をやめ、中学でも軟式野球に進む予定です。
お忙しい中、大変恐縮ですがどうぞ宜しくお願い致します。

回答

息子様の離断性骨軟骨炎とのお話了解いたしました。
結論から申しますと、【小学生】のリハビリメニュー
離断性骨軟骨炎と診断された小学生のための野球肘リハビリメニュー)でよろしいと思います。
ぜひ適切なリハビリを受けてください。

回答者
藤和マッサージ治療院
代表 須藤新

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.