Home » 野球肩の詳しい話 » 野球肩 棘下筋炎 31歳

野球肩 棘下筋炎 31歳野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2013年01月08日 category : 野球肩の詳しい話 タグ: ,

野球肩31歳 No1386

No1386肩関節

基本情報

初診 平成 24年 10月 22日  31歳  身長 170cm  体重 72kg

利き腕  右投げ 右打ち

ポジション サード・ショート

野球歴 リトルリーグ 中高はソフトボール 20歳くらいから週2で草野球

普段の練習・トレーニング内容 ジムで有酸素運動

痛む場所 右肩特に肩の後面が痛む また左肩も日常生活の中で痛みがでる事がある

病歴

平成24年10月22日(土)当院に来院
1年前秋より肩痛が始まり痛いながらもプレーを続けてきた。春先になって状態が、良くなってきたが夏場になって状態が悪化してきた。
左肩も日常生活の中で痛みを感じる事がある。(左肩は野球をするうえでは支障はない)

関節可動域チェック

肩関節可動域全体的に低下 動かした中で痛みが出る動作:水平内転動作 結帯障害あり 腕が背中にまわらない 肩甲骨の動きが極端に低下 左右差あり
No1386肩甲骨右 No1386肩甲骨左

インナー負荷テスト

右肩 内旋4.5kg 外旋 3.5kg いずれも棘下筋部に痛みが出現
内旋時には棘下筋肩峰よりの部分に痛み、外旋時には棘下筋中央部に痛み

重症度ポイント(問診ポイント)

56ポイント (1~100:数字が大きいほど重症度が高い)

問診チェック

投球(送球)時のどのタイミングで一番痛むか?
リリース時(ボールを離すタイミング)に一番痛む

どのような痛みか?
引っかかる感じがする(左肩)
ズキンと痛む(右肩)

投球(送球)後の痛みが、どのくらい続くか? (10)
投球後、痛みはない。 0(日常生活の動作で痛みが強く出る)

自分で動かすと痛む動作があるか?(自動運動)(20)
痛む動作がある 10

バッティング時に痛むか?(5)
バッティング時は痛くない 0

練習中・試合中のいつから痛むか
最初から常に痛む

痛みの程度 どのくらいの強さで痛むか?(40)
マウンドからホーム(18m:投手板からホームまで)でのキャッチボール、山なりでは痛くないがライナー気味で投げると痛む 25

投球(送球)以外で痛むか?
投球時のみ痛む。投げない時は痛くはない。

今の痛みは、いつから痛いか?(20)
12ヶ月以内に痛めた 18

推定障害段階

レベル①筋肉の問題

推定される診断名

野球肩 腱板炎(棘下筋炎)

原因・治療方針

痛む場所から、棘下筋の炎症が考えられる。インナー負荷テストの結果から明らかに棘下筋の低下が見られる。棘下筋の低下=外旋筋力の低下=投球時送球時のブレーキ力低下と考えます。また上の写真からもわかるように肩甲骨回りの動きが極端に低下していて、プレー時に肩にかかる負担は増大しています。まずは、鍼灸・マッサージ治療で棘下筋の状態を良くする。その上で棘下筋の強化及び肩関節・肩甲骨の柔軟性アップの治療・メニューをこなしていく事を治療方針とする。

経過

2診目 10月29日

棘下筋治療及び肩甲骨柔軟性アップ治療を行う。インナー負荷テスト実施。数値は前回と同様なので、外旋筋力のアップトレーニングをさらに指導。

3診目 11月5日

まだ投げると痛みが出る。軽く山なりに投げる分には痛くないが、ライナーで投げると痛む。瞬間的に力をいれると痛みがでる。インナー負荷テスト実施。数値は前回と同様なので、外旋筋力のアップトレーニングをさらに指導。

4診目 11月13日

練習後の痛み・重だるさは以前と比べてかなり良くなったとのこと。インナー負荷テスト実施。数値は前回と同様なので、外旋筋力のアップトレーニングをさらに指導。

No1386肩甲骨右11/13No1386肩甲骨左11/13
肩甲骨の柔軟性チェックでは、まだまだ可動範囲が狭い。上写真参考

5診目 11月22日

塁間の距離でライナーで投げれるようになってきた。インナー負荷テスト実施。数値は前回と同様だったので、外旋筋を集中的に強化トレーニングを実施。

6診目 11月29日

9割程度の力で投げられる。リハビリトレーニングを指導。まだ肩甲骨の柔軟性は低いので、継続して柔軟性アップトレーニングを行うよう指導。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2013 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.