Home » リハビリトレーニング, 各種情報 » 【治療者向け情報】肩関節のチェックのため良く使われる徒手検査テスト

【治療者向け情報】肩関節のチェックのため良く使われる徒手検査テスト野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

【治療者向け情報】肩関節のチェックのため良く使われる徒手検査テスト

SLAP test(O’Brien’s Testオブライエンテスト)

上方関節唇損傷のテストです。腕を回内して前に挙げて、術者が下に押すのに抵抗します。※座位姿勢にて行います。

HERT (Hyper external rotation test)

肩関節 外旋テスト 仰向き寝てもらい、肘関節90度に曲げた状態で最大外旋させます。肩関節の異常を検査します。このテストで肩関節に異常があると、最大限肩を捻ることが得出来ないので、良い球が投げれません。※仰向けに寝てもらい行います。

HIRT (Hyper Internal rotation test)

肩関節 内旋テスト 仰向き寝てもらい、肘関節90度に曲げた状態で最大内旋させます※仰向けに寝てもらい行います。

CAT (Combined abduction test)

術者が肩甲骨外縁を抑えて外転させます(Combined 組み合わされた Abduction 外転)※仰向けに寝てもらい行います。

HFT (Horizontal flexion test)

胸の前に腕を持っていき最大限胸に近づけます。(Horizontal 水平の flexion 屈曲)※仰向けに寝てもらい行います。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2013 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.