Home » 野球肘の詳しい話, 野球肩の詳しい話 » なぜ自費治療なのか!?

なぜ自費治療なのか!?野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

当院での投球障害(野球肩野球肘)治療は、すべて自費治療(保険外治療)です。

その理由は・・・

初診の患者さんによく聞かれます。『先生のところはなんで保険がきかないのと!?』その理由は・・・保険でできる治療の範囲は決まっており、その保険で決められている範囲内で現在の野球肩・野球肘を的確に早期に治すことが難しいからです。

当院では、障害や病気をもった高齢者や障害者などの方へ訪問マッサージ治療に関しては保険治療の取り扱いを行っておりますが、投球障害治療に関してはすべて自費治療で行っております。

入念に時間を取ったマッサージ・原因を徹底的に洗い出す各種検査

例えば当院では、障害の原因となる筋肉にしっかりと時間を入念にかけてマッサージを施し本来の筋肉の機能を取り戻します。普通の病院ではマッサージに時間をかけて治療の中に取り入れているところはほとんどないです。あってもマッサージの時間が5分か10分程度のものですので、筋肉の状態を改善するのには時間が短すぎます。

関節アライメントの調整、投球フォーム撮影

それだけではありません。投球動作ではすべての関節に外力が加わり、関節のアライメントが不整合となります。これも大きな痛みの原因となります。そこをしっかり見極めるためのインナー負荷テストや投球フォーム撮影による動作解析、各種徒手検査を用いてアライメントを把握して修正を行します。

個別一人一人に合わせた、リハビリメニュー作成、徹底的なリハビリ指導

やるべきリハビリメニューを個々の状態・症状に合わせて組み立てます。丁寧に状態を説明し、なぜこのトレーニングが必要なのかをしっかりお伝えします。こういった詳しい徒手検査や投球フォーム撮影、アライメント修正、個別治療・リハビリメニュー作成は保険内治療ではできません、そういった復帰への最短距離へと導くために自費治療となっています。

何とぞご理解いただきますようよろしくお願い致します。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2013 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.