Home » 野球肘の詳しい話, 野球肘体験談 » 小学生 野球肩症例 先週から・・・

小学生 野球肩症例 先週から・・・野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2013年09月28日 category : 野球肘の詳しい話, 野球肘体験談 タグ:

野球肩 小学5年生 先週から肩に痛みが発生

基本情報  No1486

初診 平成25年9月14日   11歳  身長 143cm  体重 43kg

利き腕  右投げ  右打ち

ポジション キャッチャー・ピッチャー・ショート   投球フォーム スリークォーター

野球歴 小学2年生から 普段の練習量 土日(平日は素振り・遊びでの野球) トレーニング内容 特になし

既往歴 1年前くらいに肩を痛めた。今回は肩の後ろ側が痛いが、その時は肩の前側が痛かった。

痛む場所 肩関節後面

病歴

平成25年9月14日(土)当院に来院
1週間前の日曜の試合で3イニングを投げた後に痛みが出た。それからは投げずにいたが、今日の練習で痛みがあったため来院された。

関節可動域チェック

肘関節 屈曲・伸展、回内・回外ともに問題なく正常
屈曲検査 両腕を外に開いて肩に手をつけれるかチェック 左右差なし 痛みなし
伸展検査 両肘をくっつけて肘を伸ばす しっかり左右差なく肘伸びる 痛みなし
肩関節 可動域全体的に低下
SLAPテスト(関節軟骨の障害の有無をテスト) 痛みなし

HERテスト(肩関節可動域外旋テスト) 若干痛みあり

HIRテスト(肩関節可動域内旋テスト)痛みなし

CAT (肩関節可動域複合外転テスト)若干痛みあり

HFT (肩関節可動域複合内転テスト)痛みなし

※詳しい肩関節の徒手検査情報はこちら(治療者向け情報)

動かした中で痛みが出る動作:外旋動作
結帯障害 あり
肩甲骨の動き 問題なし 左右差なし

インナー負荷テスト

右肩 内旋2.5kg 外旋 2.0kg いずれも肩関節後面部に痛みが出現
※1kgスタート

重症度ポイント(問診ポイント)

ポイント 40(1~100:数字が大きいほど重症度が高い)

問診チェック

投球(送球)時のどのタイミングで一番痛むか?

リリース時(ボールを離すタイミング)に一番痛む

どのような痛みか?

とにかく痛む

投球(送球)後の痛みが、どのくらい続くか? (10)

投球後、痛みはない。 0

自分で動かすと痛む動作があるか?(自動運動)(20)

動かしても痛みはない 0

バッティング時に痛むか? (5)

バッティング時は痛くない 0

練習中・試合中のいつから痛むか?

投げている途中から徐々に痛くなってくる

痛みの程度 どのくらいの強さで痛むか?(40)

マウンドからホーム(18m:投手板からホームまで)でのキャッチボール、山なりでは痛くないがライナー気味で投げると痛む 25

投球(送球)以外で痛むか?

投球時のみ痛む。投げない時は痛くはない。

今の痛みは、いつから痛いか?(20)

1週間以内に痛めた 0

推定障害段階

レベル①筋肉の問題
レベル②腱の問題

推定される診断名

棘下筋炎 (肩のブレーキの筋肉が傷んでいる状態)

原因と今後の対策

投球時にブレーキの役割を果たす筋肉が弱く、このため投球時に肩関節に過度な負担がかかっていま。ここをメインターゲットとしてマッサージ・磁気温熱治療を行っていきます。もともとキャッチャーをずっとしていたが、ここ最近ピッチャーをやったりショートをやったりしている。それにより、今までと違うフォームとなり肩関節に負担が強くなったと推測されます。来週末に公式戦が控えており、メンバー的にも出場しなければという状況。肩関節の捻る動作(外旋・内旋動作)が加わると痛みが発生するため、来週の経過にもよるが、公式戦前日にテーピングを施して負担を軽減するよう対策を取る。

2診察目 9月20日金曜

前回の野球肩テストで痛みが出ていた、HERテスト(肩関節可動域外旋テスト) CAT (肩関節可動域複合外転テスト)に関して、今回は痛みなく可動域が出せた。
その他の肩関節テストも先週から比べると大幅に改善されている。明日からの3連休に試合があるのでテーピングを行う。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2013 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.