Home » 野球・体に関する質問 » アイシングについての問い合わせ 

アイシングについての問い合わせ 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2014年09月27日 category : 野球・体に関する質問 タグ:

相談の内容
=====================================

アイシングについて教えて下さい。
90球位投球した投手(小学6年)に対しアイシングを行い、
そのあと、一試合を空けて次の試合に
ストレッチ、アップを行った後内野手として
出場させる事は避けた方が良いでしょうか?

アイシングをしてしまうと、
その日は投げさせられない。と聞いた事もあります。
上記の場合でアイシングせず出場させた方が良いのでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありませんが、
ご教授頂けませんでしょうか。
=====================

回答
はじめまして、こんにちは。

結論から申しますと、投球を行った後にアイシングをして内野手としてのプレーが
避けた方が良いです。
どうしても、そうしなければならない時は、投球後から次の試合のプレーまで1時間以上空くのであれば
アイシングをした方が良いと思われます。
逆に次の試合まで1時間未満の場合は、アイシングをしないでそのままプレーした方が良いと思います。
もし、肘や肩に痛みが有る状態であれば、時間に関係なくアイシングをした方が良いです。

=====================

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2014 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.