Home » 野球肩の詳しい話 » 野球肩の症状とは

野球肩の症状とは野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月18日 category : 野球肩の詳しい話 タグ:

野球肩の症状

代表的な症状

○投球・スローイング時の痛み

○挙上時の痛み

○外旋・内旋時(肩をひねる動作)の痛み

○関節可動域の低下、圧痛の出現

練習の始めに痛んだり、練習終了後に痛みを感じたり、肩の前側が痛んだり、後ろ側が痛んだりと様々なケースがあります。初期の症状としては、なんとなく痛みを感じたり、ちょっとした違和感であったり比較的軽い痛みから始まります。

最初のうちは、肩に痛みを感じても何とか投げることができますが、その後無理をして悪化させてしますと肩の挙げたり回したりする動作でも痛くなり、まったく投げることができなくこともあります。ですから初期の対処方法が非常に重要です。

また症状からある程度、自分の野球肩はどのくらい悪いのか重症度の目安をはかることができます。客観的に評価されたその重症度の目安を基にリハビリメニューを作成することが何より重要です。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.