Home » 野球肩の詳しい話 » 野球肩の診断名③ 上腕二頭筋長頭腱炎

野球肩の診断名③ 上腕二頭筋長頭腱炎野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肩の詳しい話 タグ:

野球肩の診断名③ 上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋とはいわゆる力こぶの筋肉です。この筋肉は肘から始まって腕の途中で二手に分かれます。短いものを短頭、長いほうが長頭といいそれぞれ骨に付着する部分が違います。この長頭が腱になって細い溝の部分を通過して肩に付着する部分で炎症が起こっている状態を指します。(詳しくは肩の構造をご覧ください)

この腱は肩の前方部分を通るため、肩の前方部分(結節間溝)に痛みが発生するのがおおきな特徴です。診断ではこの肩の前方部分(結節間溝)の圧痛がポイントなります。また、投球時は常に引っ張られる力(張力)が強く働くため、上腕二頭筋が硬くなっている方がほとんどです。ですから、上腕二頭筋の疲労除去・機能強化・リコンディションを行い腱部分への負担を減らすようリハビリを行うことが重要です。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.