Home » 野球肩の詳しい話 » 野球肩の原因

野球肩の原因野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター

2012年08月19日 category : 野球肩の詳しい話 タグ:

負担がかかる状態で投球動作を繰り返す事により、肩関節の組織が少しずつ損傷を受け炎症を起こす事で痛みが発生します。

1、オーバーユース(使いすぎ)

2、体の柔軟性・筋肉の問題(関節可動域とインナーマッスル)

3、フォームの原因

 

① オーバーユース(使いすぎ)問題

使いすぎにより疲労が蓄積することが大きな野球肩の原因です。投球動作は肩関節に少なからず負担をかけます。痛めていない選手でも投げることにより、肩関節の組織は微小ながらも損傷を受けます。それほど損傷の程度が強くなければ、痛みも発生せず自然にその部位は治癒するのです。プロ選手のピッチャーでも1試合先発すると肩周りの毛細血管(非常に細い血管)が100本以上も切れると言われています。

 

原因② 体の柔軟性・筋肉の問題(関節可動域とインナーマッスル)

A)肩の可動域低下(肩周囲の筋肉柔軟性低下)

B)体幹の筋力・安定性の低下

C)インナーマッスル

A)肩の可動域・筋肉の柔軟性低下

肩関節の可動範囲の低下、筋肉の柔軟性の低下は大きな肩痛の原因となります。筋肉の疲労がたまると硬くなり柔軟性が低下します。筋肉が骨に付着する部分が投球時に何度も引っ張られ、柔軟性がない筋肉では炎症を起こしやすくなります。柔軟性があり柔らかい筋肉ですと付着部分の引っ張れる力(張力)を和らげることとができます。
疲労の蓄積・オーバーユース→筋肉の硬化及び柔軟性低下→関節可動域低下 →これにより肩にかかる負担増大が増大します。

B)体幹・下半身の筋力・安定性の低下

≪体幹の安定性、下半身(股関節)の筋力・柔軟性の低下≫ 体幹の安定性や下半身(股関節)の筋力・柔軟性もおおいに肩に影響します。フォームの問題ともリンクしますが、体幹が不安定で下半身の柔軟性・筋力が低いと、自ずと上体だけの力にたよって投げてしまい肩関節の負担が増大します。体幹・下半身は投球時の土台となるもので、この土台がしっかりとしていることで安定てしたボールを投げることができるのです。
そして体幹の回旋・股関節の柔軟性の具合が、下半身の力をボールへ伝える働きに影響します。下半身で生まれたパワーが股関節から体幹・脊柱に伝わり、そこから肩甲骨・胸郭、そして肩から肘、指からボールに伝わりますので、この一連の流れの中で柔軟性が低下している部分があると、その影響が他の部位にかかってしまうのです。

C)インナーマッスルの低下及びアンバランス

インナーマッスルは投球動作において非常に重要な役割を果たします。近年プロからアマチュアまでほとんどのチームでインナーマッスルの重要性が認識されるようになり、トレーニングをされている選手もかなり多いと思います。このインナーマッスルが弱いことにより肩の腱板にかかる負担が増大し、悪化すると腱板炎を発症します。
重要な2つのアンバランス!! 1、インナーマッスルとアウターマッスルのアンバランス 2、インナーマッスルを構成する4つの筋肉のアンバランス
1のインナー(深層の筋肉)とアウター(表層の筋肉)のバランスの重要性は知っている方は多いと思いますが、インナーマッスル自体がアンバランスなのを見落としている選手がたくさんいます。
肩のインナーマッスルは4つの筋肉で構成されていますが、大きく分けて外旋させる筋肉と内旋させる筋肉があります。この外旋筋(腕を外側に捻る筋肉)と内旋筋(腕を内側に捻る筋肉)のアンバランスが、投球障害を引き起こす大きな原因となることが研究で分かってきました。通常内旋筋の方が強いのですが、外旋筋は内旋筋の65%以上必要でこれ以下になると肩痛の発生確率が高くなります。ですからインナーマッスルもただ単純に強くするだけでなく、バランスをみながら鍛えることが不可欠です。

 

原因③ フォームの問題

フォームの問題も非常に大きなウェイトを占めます。プロ野球では投球フォームが解析できる高価なシステムを球団が持っていて、逐一フォームを分析できますが、一般のチームではそうはいきません。そうなると監督やコーチの力量にかかってくると思いますがなかなか難しいものです。
投球フォームを4段階に分けてそれぞれチェックします。 1.ワインドアップ 2.テイクバック 3.加速期 4.フォロースルー
投球フォームは様々あり個人個人それぞれ体型や筋力が違いますから、これが正解というものはありません。しかし、これだけは守らないとケガをしますという基本的なことはいくつかあります。例えば≪テイクバック→加速期≫のゼロポジション(肘の高さと肩甲骨の関係)であったり、≪加速期→フォロースルー≫の膝の屈曲角度(投球を続けていくと膝の曲がりが浅くなり体が突っ張った状態になる)などあります。これは主観的でなく客観的に見れるかがポイントです。
この投球フォームの問題点を突きとめることがとても重要です。

患者様との写真&コメント集
営業日カレンダー営業日カレンダー
投球分析・リハビリ作成
運営者|藤和マッサージ治療院
Copyright(c) 2012 野球肘・野球肩リハビリのTOWAコンディショニングセンター All Rights Reserved.