東京で永代供養をすることについて

葬儀のお手伝いするとき

会社の同僚に不幸があった。突然のことで、不安な様子。もちろん香典を包むつもりだけど、他に何かできることはないだろうか。そう悩んだ経験のある方は多いのではないでしょうか。

本人は突然のことで慌ただしくしています。普段なら気軽に声をかけられますが、こういった場合は相手のしてほしい事をくみ取る思いやりがほしいですね。まずは欠員が出る仕事のフォローです。同じチームで引き継ぎや分担をし、業務を滞りなく行えるようにしましょう。

お客様から問い合わせがあっても、むやみに葬儀の件を話すのは控えましょう。本人と社内で十分打ち合わせをして対応してください。会社関係への通知は、葬儀や通夜の日程、会場を明記しファックスで送付するとスムーズです。弔電等の問い合わせもありますので、窓口を決めてトラブルの無いよう対応します。

会場では喪主や親族の指示に従って分担してお手伝いします。最近は葬儀場でのドリンクサービスもありますが、水仕事を行う可能性もあるため、エプロンや割烹着を用意しておくと無難です。会社の同僚が請け負う役割としては、受付や会計が考えられます。香典を受け取る際に、荷物の預かりや駐車場の確認といった気遣いが必要です。

また、地元の風習や親戚関係の取り決めで香典を受け取らない場合もあります。喪主の意向に従って、弔問客に失礼のない対応をしてください。また、第三者的な立場から会計を任される可能性があります。必ず複数人が立ち会い、確実に処理できる体制を作りましょう。

以上の様な役割で、同僚を陰ながらサポートしていく事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です