東京で永代供養をすることについて

知っておきたい葬儀に関するマナー

友人の葬儀に出席しましたが、初めてのことだったのでマナーや作法がわからずとても困りました。インターネットで検索しながら服装や香典を準備しましたが、実際にどのようなことが行われるのかわからずに緊張していたことを覚えています。経験したことがない人は、雑誌やインターネットで情報を集めるだけでなく家族や知人にマナーについて教えてもらうことが大切です。また、故人の宗教によって葬儀のスタイルは異なります。

一般的な葬儀のマナーしか知らない場合は、参列している人の動作を参考にお焼香やお別れを済ませることが無難です。服装は、宗派に限らず黒で統一しましょう。女性は黒のストッキングを着用することを忘れてはいけません。また、ハンカチは男女共に白を用意しておくと安心です。

男性は、黒のネクタイを着用するのがマナーであるため、1本準備しておきましょう。主人は黒のネクタイを忘れてしまったので、近くにあるお店で購入しました。お店によっては100円程度で購入できる場合もあるので、忘れてしまったときは慌てずに対処することができます。香典の表書きに悩んでしまう人もいますが、薄墨で「御霊前」と書くのが一般的です。

ただし、浄土真宗の場合は「御仏前」という言葉を使うため覚えておきましょう。ちなみにキリスト教の場合は「御花料」と書くのがマナーです。故人を見送る気持ちが一番大切ですが、最低限おさえておきたいマナーについては事前に確認しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です