東京で永代供養をすることについて

葬儀についての心構え

葬儀には、喪主側や参列者側になったりします。主に参列者側になることが多いのですが、お亡くなりになったという一報を聞くとすごく心が痛み悲しい気分になります。お通夜まで時間があるのでしたら、お線香をあげに行きます。そこには、綺麗にしていただいた故人が横になっており今にも起きそうなほどです。

そこで、故人の思い出話しを聞いたりします。楽しかったことや、急なことでお別れも言えなかったこと。もう会えないことを話してくれます。葬儀の日程が決まったら、出席する服装を決めます。

黒だからといってカジュアルなものはダメです。地味な色とデザインが一般的ですが、喪服で参列したほうがいいと思います。以前、葬儀に参列する際に急いでいたのか黒だかといってカジュアル層が強めな方がいて周りが喪服でしたので、目立っていました。あと会場内は携帯の電源を切るなどした遺族の気持ちを配慮しましょう。

焼香の仕方も2通りあります。たち焼香回し焼香どちらも気持ちを込めて焼香をするのですが、作法がわからなくそれでいて、改まって聞くのも恥ずかしかったので前の人の作法を真似てしたことを覚えています。あと私は初めてだったのですが、通夜ぶるまいに案内されたことがあります。故人への供養の意味があるそうで、少し箸をつけて失礼したのですが故人への思い出話しを話していました。

お通夜に告別式、親族や友人に別れを告げ火葬場までいく故人には安らかな眠りをお祈りしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です